うつ病の治療期間

うつ病の治療段階とは

うつ病は風邪とは違い、薬を飲めばすぐに治るというものではありません。うつ病の治療には急性期、回復期、再発予防期の3つの段階があると考えられており、それぞれの状態に合わせて継続的に治療を行っていく必要があります。まず急性期。この時期は気分の落ち込みや不安感、食欲の低下など症状が一番重くなる時期です。うつ病の原因となっていることからできるだけ離れて心を休ませる、医師の診断に合わせて薬を服用するなどの治療を行い、症状を改善していくことになります。回復期は症状が和らぎ、社会復帰に向けた準備を始める時期。そして再発を防ぐための再発予防期へと辿り着くのです。

うつ病の原因は人それぞれであり、症状の出方や症状の種類、治療にかかるまでの期間も様々です。一概にこれくらいで治る、というのが分からないのもうつ病の辛いところだと言えるでしょう。一般的には、急性期が1~3ヵ月、回復期が4~6ヵ月かかると言われており、再発予防期は1年以上を見込みます。再発予防期が長いのは、それだけうつ病が繰り返しやすい病気であることを意味しています。元気になったからと自己判断で薬を止めてしまい症状がぶり返す、というのはよくあることです。

大切だが難しい「焦らない」ということ

自分や家族がうつ病になったら、できるだけ早く治ってほしいと思うのが当たり前です。これはどんな病気であっても同じことが言えるでしょう。しかし、うつ病の治療にかかる時間は人それぞれです。「早く元気になりたい」と焦ってしまうと、上手く症状が改善しないことに落ち込んで余計に症状が重くなってしまいます。うつ病の治療で最も難しいことの一つが、この「焦らないこと」と言えるかもしれません。そもそもうつ病は真面目な人がかかりやすいと言われている病気です。仕事や家事を休んでいる状況が後ろめたくて気持ちが焦ってしまい、なかなか症状が落ち着かないという患者さんも非常に多いです。

うつ病は非常に再発しやすい病気なので、長期に渡って再発しないように経過を見守らなければなりません。再発を防ぐために重要なことは、うつ病になった当時を振り返って同じ状況にならないよう、しっかりと認識しておくことです。うつ病が発生するのは「ストレス要因が重なる」「周囲に助けを求められない」という状況で起こることが多いです。もし同じような状況に陥ったときはどう行動すべきなのかを、症状が治まり物事をしっかり考えられるタイミングで予め考えておくことが大切なのです。